自担が結婚した

2020年6月5日夕方。

 

一つのニュースが日本を、いや私の中を駆け巡った。

 

生田斗真 清野菜名結婚」

 

何を隠そう、生田斗真さんは自担。

いや、普段は自担という言葉を使わないしあえてジャニーズらしく自担と書いてはみたものの、正確には生田斗真ファンだ。

 

舞台や映画の舞台挨拶があれば地方にも遠征するし、トークショーだけを見に鹿児島に遠征する程度のファンで、雑誌や出演番組は網羅するのが好きなファンだ。

 

彼女とのお付き合いは、付き合いたてにさっさとスクープされ、その後も写真つきでスクープされ、彼女が出ていた舞台なんて初日・千秋楽それ以外にも観劇に行くという熱心ぶりなど、もはやファンには周知の事実ではあった。

周知の事実ではあったものの、実際結婚となると色々な受け止め方になるのは当然。人それぞれ応援スタイルも違うし、その人の性格も、どういう風に結婚というものを受け止めるかは本当に自由だと思う。拒絶するのも、寂しいのも、悲しむのも、喜ぶのも、どれも当然の反応だと思う。それぞれの受け止め方で時間をかけてゆっくり向き合っていけばいいと思う。愛ゆえの反応に正解なんてないから大丈夫です。

 

そう言った中で自分が自担が結婚した時どう言った反応だったかをフレッシュなうちに記録しておこうと今回書き残しておくことにした。

 

私の感情の流れは

 

疑い「ええええ、本当か?」(第一報ではまだ結婚を発表する予定だった)

驚き「え、本当だった!!!」

祝福「とにかくおめでたい!!!!!!!」

 

の三段階だった。

驚くべきことに、悲しみのステップがない(笑)

むくむくと止まらない興奮。

 

斗真が!大好きな斗真が結婚する!!!!!!!

おめでたい!!!!!!!!!!!!!

 

なんの躊躇もなくそう思えて、私は一人興奮に打ち震えていた。

アドレナリンが止まらない。

タイムラインを眺めていても、多分私のような人は少数派のような感じがして少し抑えめにしてしまったが、心の中ではずっと祭りのように太鼓を打ち鳴らし続けていた(笑)

 

斗真くんみたいな素敵な人が、幸せになる。

これほど嬉しいことはなかった。

 

斗真くんの飾らない人柄、気配り出来る心遣い、仲間を大事にし愛される人。

ファンだからもちろんある一面でしか知り得ないことではあるものの、その見せている一面もまた斗真くんだし、仲間たちからエピソードを伝え聞くだけでも斗真くんがとても素敵で愛される人だということがわかる。

 

そんな斗真くんが結婚する。

私にとっては長年付き合いのある大好きな友達が大好きな人と結ばれた。

そんな感覚に近い。

だから落ち込まずに嬉しいという感覚なのだと思う。

大好きな人が幸せになるって、すっごく嬉しいことなんだ。

自分のことのように嬉しかった。

 

 

一人の人をまっすぐに愛し、変なスキャンダルもなく、順調に歩んできた彼女のキャリアを汚すことなく、結婚に至ったというプロセスもなんのわだかまりもなく真っ直ぐで。

斗真くんからの直筆メッセージも、真っ直ぐでキラキラで、幸せそうな様子が文字から伝わってくるようだった。

私は恋愛至上主義者ではないし、結婚しなきゃ幸せじゃないとか、結婚が全てだとは思わない。でも、家庭の充実は仕事において悪いことではないのは確かだ。

彼は俳優だ。これからの俳優人生において、役の幅も広がるだろう。

35歳での結婚は別に早くもないし、遅くもない。

結婚しても斗真くんは斗真くんだ。

むしろ家族を大切にする男は魅力がます!

だから不倫だけはやめてね(笑)離婚は許す(笑)

 

こんなご時世だから、すぐには結婚式やパーティーなど難しいかもしれないのが歯痒い。自分が結婚した時の結婚式がとっても楽しかったから、斗真くんも沢山の愛する仲間たちに囲まれて祝福されて欲しかったな。そして願わくばそのエピソードをちょっとでもお裾分けして欲しかった。それが残念。

でも、WSやラジオや配信などで色んな方が祝福してくださってるのを聞くだけで幸せな気持ちになれる。

 

なんて幸せな結婚が出来たんだろう!

沢山の人に祝福される結婚を、自担が出来た。

改めてこんなにおめでたいことはない。

 

これからの斗真くんにたくさんの幸せがありますように。

お二人とも末長くお幸せに。

2019 舞台鑑賞記録

今年は合計42本。

2019年は斗真くん舞台イヤーということでかなりの本数になりました。

 

2019の舞台で印象に残ってる作品を賞形式で

総合芸術!素晴らしかったで賞 :キネマと恋人

衝撃的なシーンの連続だったで賞 :オレステイア

夫婦や民族など考えさせられたで賞: 月の獣

パワーに満ち溢れていたで賞 :Q

歌の力を感じたで賞: 偽義経冥界歌、 風の又三郎

ゲスだったで賞: プラトーノフ

 

 

神の子

 

月の獣

 

風博士

 

Q@東京芸術劇場 プレイハウス

 

カリギュラ新国立劇場 中劇場

忘れてもらえないの歌@赤坂ACTシアター

 

里見八犬伝@中野ZERO大ホール

アジアの女@シアターコクーン

ブラッケン・ムーア@シアタークリエ

 

お気に召すまま@東京芸術劇場 プレイハウス

けむりの軍団@赤坂ACTシアター

 

恋のヴェネチア狂騒曲@新国立劇場 中劇場

PIPPIN@シアターオーブ

カール大帝の息子とサーカスで人生を描く。

マジック、曲芸、イリュージョン多数の本当にサーカスのような舞台。

前田美波里の年齢を感じさせないアクションと身体がすごかった・・

黒白珠@シアターコクーン

【脚本】 青木 豪

【演出】 河原 雅彦

【出演】 松下優也 平間壮一 清水くるみ 平田敦子 植本純米 青谷優衣 村井國夫 高橋惠子 風間杜夫

 

ゴシックなチラシとタイトルと内容が全然印象が違う・・

長崎の真珠養殖会社を経営する家族に巻き起こるサスペンス。

内容はドロドロだが、作風的には明るくてポップ。

シーンごとのセットが4パートくらいに区切られている。

シアターコクーンの規模の割にはコンパクトサイズなお芝居。

本多劇場あたりにあいそうな規模感だった。

もう少し双子の兄弟の白と黒感がはっきりしていれば面白かったかもしれない・・・

キネマと恋人@世田谷パブリックシアター

北齋漫畫東京グローブ座

【作】 矢代静一 【演出】 宮田慶子

【出演】 横山裕 佐藤江梨子 木村了 堺小春 枝元萌 吉田健悟  渡辺いっけい

 

なぜか一人対一人の会話が続き、もう一人はそばにいても会話に入ってこない。

会話劇の広がりがなく、単調に感じてしまい飽きてしまう。

北斎の悲哀、おかしみを感じられればもっと面白い舞台になりそうなのだが。

オレステイア@新国立劇場 中劇場


赤と黒のサムライ魂@東京国際フォーラム ホールC

脚本・演出 モトイキ シゲキ

【出演】里見浩太朗・ 越岡裕貴(ふぉ~ゆ~) 福士申樹(MADE/ジャニーズJr.) 合田雅吏 堤下 敦(インパルス) 市川知宏山崎裕太 姜 暢雄 京本政樹

 

元々七人の侍の演目だったが諸般の理由で急遽オリジナルに。

直前まで書き直していたようだが・・まぁ普通の本格時代劇になっていたように思う。

お代官様が悪者で、住民たちが対抗するみたいな。

さすがに殺陣のキレは若者の方が良いが、82歳と考えると・・・元気である。

おそらく7人分集めたキャストをうまく配置し直すのに苦慮したのか、無駄に登場人物がおり、持て余してる感は否めなかった。


WILD@東京グローブ座

【作】マイク・バートレット【演出】小川絵梨子【出演】中島裕翔 太田緑ロランス 斉藤直樹

 

ホテルの一室で”誰か”の助けを待ち続ける。

そこに現れる”誰か”の使者。しかし女と男は我こそがその”誰か”の使者なのだと主張する。何を信じればいいのか・・・匿名で何者でもない実のない会話が続いた後に明かされる真実を知った時、ラストにセットが斜めに動くという大仕掛け。

今まで自分が信じていた世界がガラガラと崩れ落ち、”誰か”はいないことを知る。

脚本は面白いものの、会話劇はやや単調で眠かった。しかしラストの転調は気持ち良い。主人公がスノーデン事件をやったとは思えない愚鈍さで、男女の使者(特に男性)があまり効果的でないような気がした。


ハムレットシアターコクーン

【作】ウィリアム・シェイクスピア【翻訳】河合祥一郎【演出】サイモン・ゴドウィン 【出演】 岡田将生黒木華、青柳翔、村上虹郎、竪山隼太、玉置孝匡、冨岡弘、町田マリー、薄平広樹、内田靖子、永島敬三、穴田有里、遠山悠介、渡辺隼斗、秋本奈緒美、 福井貴一、山崎一松雪泰子

 

王道中の王道のハムレットを、いかに演出するか。

シンプルだが、回転すると様々な部屋が登場する城型セットで、服装もスーツとコートなど今風。

ハムレットが気が狂っている風に見せるのに、わかりやすく格好がパンクになり、顔もメイクしてしまうのは、若干やりすぎではないだろうか。分かり易すぎる。両手をリストカットして、包帯を見せつける。美しいハムレットだが、どちらかというと明るさが出て来てしまう。最後の決闘はフェンシングで。それはちょっと意外性。


良い子はみんなご褒美がもらえる@赤坂ACTシアター

 


キンキーブーツ@シアターオーブ


クラッシャー女中@本多劇場


空ばかり見ていた@シアターコクーン


義経冥界歌@フェスティバルホール金沢歌劇座まつもと市民芸術館


熱帯樹@シアタートラム


マニアック@新国立劇場 中劇場


風の又三郎シアターコクーン


ヘンリー五世@さいたま彩の国芸術劇場


プラトーノフ@東京芸術劇場 プレイハウス


罪と罰シアターコクーン

 

2018 舞台鑑賞記録

今年は計23本の鑑賞でした。

一ヶ月2本の計算。そんなに行ってるつもりもなかったのでちょっとびっくり・・

去年よりも舞台の種類自体は増えて、バラエティ豊かになりました。

今年の個人的にベストをつけるとしたら

1.ヘッダ・ガプラー

2.ニンゲン御破算

3.近松心中物語

4.そして僕は途方に暮れる

5.マクガワン・トリロジー

でした。

 

12/18 日本の歴史@世田谷パブリックシアター

アメリカで農場を開いた家族の歴史と日本の歴史を照らし合わせてなぞる。

音楽はどれも面白かった。そこまで会心の笑いというのはなかったけど、じんわりと心が暖かくなる舞台でした。

 

12/12 道@日生劇場

往年の名作の舞台化。単純にジェルソミーナの吹くテーマ曲が映画の方が良かったのと、静かな味わいがとても良かった映画のラストとは全然方向性の違うガチャガチャとしたラストで、う〜んとなった。音楽劇というには歌も少なめで、これなら海宝さんとかがアサインされたのは勿体無いように感じた。ザンパノ自体の歌はないしね。ザンパノはムキムキだった。しかし日生劇場見辛い。

12/8 メタルマクベス disc3@IHIステージアラウンド東京

マクベス夫人の力が強くなってパワーバランスが一番初演に近いと感じました。歌も増えていた。1、2と比べると王子の歌とダンスのウェイトが減ったり。

12/2 TAKEDA@シアターウエス

ハセジュン、実は初めて生で見たかもしれないなー。

AKBチーム8の中野郁海ちゃんも頑張ってておばちゃん涙出そうでした。

距離が近すぎるからこそ、役者さんの視線、演じてる時以外の仕草とかが気になってしまった舞台でした。勉強になる。


12/1 ロミオ&ジュリエット@本多劇場

今野が美女役で吹きました。皆川さんも毎回ずるい。

森川葵ちゃんの発声は舞台では少し聞き取りずらかった。


11/24 銀杯@世田谷パブリックシアター

実は大事な役どころに経験値が低めの方がやってしまうと、舞台が締まらなくなる難しさ。浦浜さんは荷が重かったように思う。


11/11 贋作 桜の森の満開の下@プレイハウス

舞台演出がひたすらカラフルで見目麗しい。

紐や、ロープや、桜や、日本的。これは確かに海外でも受けそう・・・


10/25 メタルマクベス disc2 千秋楽@IHIステージアラウンド東京

カテコの歌が楽しかった。


9/30 メタルマクベス disc2@IHIステージアラウンド東京

松也くんの顔芸が印象深い。振り返ると原くんは王子として歌も踊りもすごくよかった。遊びの余裕はないけど一生懸命だった。

9/02 シティ・オブ・エンジェルズ@新国立劇場 中劇場

7/29 メタルマクベス disc1@IHIステージアラウンド東京

7/24 マクガワン・トリロジー世田谷パブリックシアター

6/26 ニンゲン御破算@シアターコクーン

5/25 バリーターク@シアタートラム

5/19 市ヶ尾の坂-伝説の虹の三兄弟@本多劇場

三兄弟と美人の奥さん。

足だけ見せて終わるというラストがとてもフェティシズム


4/21 ヘッダ・ガブラー@シアターコクーン

光を当てて影で魅せる。影で演じる。その作り方がとても好きでした。

3/25 修羅天魔 髑髏城の七人 極@IHIステージアラウンド東京

3/20 そして僕は途方に暮れる@シアターコクーン

とにかくダメ人間だけど、周囲の人物造形が面白くて良かった。

2/25 密やかな結晶 東京楽@プレイハウス

ファンタジックなディストピアSF


2/24 ムサシ@シアターコクーン


2/20 髑髏城の七人 上弦の月 千秋楽@IHIステージアラウンド東京

2/04 髑髏城の七人 上弦の月IHIステージアラウンド東京

1/24 近松心中物語@新国立劇場 中劇場

2018 ベストコスメ

上半期

 

私の2018SSの顔を構成していた組み合わせ

アイシャドウ:トムフォードイカラークォード ゴールデンミンク

チーク:シャネル クリームチーク または アナスイ チーク

リップ:キッカ メスメリックリップ ルーセントレッド または YSL ピュールクチュール 50

って感じでした。あまり新作は買ってなかったですね。

 

 

下半期

 

私の2018AWの顔を構成していた組み合わせ

アイシャドウ:SUQQU 深楓 たまに ボビイブラウン ヒートレイ

チーク:SUQQU 灼熱朱

リップ:セルヴォーク レンガ たまに YSL サイケデリックチリ

って感じでした。イエベ春女は赤茶にどハマりました。

このメイクしてると、特に美容関係の人にすごく褒められたな〜〜

友罪 公開記念舞台挨拶

生田斗真&瑛太 友罪 明治大学特別授業

友罪 大阪 試写会