読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ハナミズキ メガヒット”返礼”&”遠恋”舞台挨拶

@渋東シネタワー 16:10
登壇者:新垣結衣 / 生田斗真 / 土井裕泰監督

幸運にも当ったので2度目の舞台挨拶行ってきました!

ちょこっと覚書メモ。順番はごちゃごちゃです…
衣装は白のボウタイつきのVネックのカットソー?に麻っぽいベージュのベストに黒いサルエルだったかな。髪は外ハネでサダメっち仕様。外ハネっぷりが大変かわいかった‥!

MCは映画パーソナリティーの伊藤さとりさん。この方も本っ当によくMCしてますね。まず登壇してから「おかえりー!!」と客席から声かけ。

まずは3人から挨拶。ガッキーが「メガヒット…っていうんですか?CMで言ってますよね。ありがとうございます」見たいなことを言い出したもので、斗真も監督も「メガヒット」で挨拶してました(笑)

  • Q.遠恋舞台挨拶ということで、沖縄と釧路にいかれましたが、いかがでしたか?

新:東京での挨拶はなんとなく予想がつくけど、沖縄は初めてだったので予想できなかった。沖縄ならではのふわ〜っとした空気感で良かった。
斗:釧路に前のりして、スタッフさんとご飯食べて。ロケ地巡りしよう!ってことで、橋…あの〜ほらなんだっけ、あのシーン…(確か横でガッキーが助け舟を出していた笑)手をつないで。汽車遅れるわ!のところで記念写真を撮って。(伊:監督と撮ったんですか?)監督には写真を撮ってもらって。他のスタッフさんと手をつないで撮りました。釧路には、手伝ってもらった漁師さんが沢山きてくれて嬉しかった。
監:釧路は前列が漁師さんや紗枝の家を貸してくれた地元の方が来てくれて。前列が男、後ろは全部女の方というちょっと異様な感じでしたけれども。地元の方に良かったよと言ってもらえたのが何より良かった。

  • Q.映画で遠距離恋愛でせつないシーンが多いですが、自分が思うこれはせつない!というシーンは?

新:康平が電話をかけて、紗枝は働いてて出れないシーン。ちょっと嬉しそうな顔をした後に、電話ボックスを出ていく背中がさみしくて、映画を見てせつないー!と思った。
斗:北見先輩が、肉じゃが食べるシーン。俺、食べてねぇ!って。向井理このやろう、と(笑)康平ももしかしたら食べてるかもしれないんですが、映画ではそういうシーンはないのでね。せつなかったです。
…と笑いを取ったのは良かったんですが、伊藤さんから遠恋のせつないシーンを教えてもらってもいいですか?(笑)とつツッコミ。斗「え…なに?(笑)」となんだかよくわかってないとーま。(笑)見かねてガッキーが、「あのほら‥学生時代の。つきあってるときの。」斗「え‥!?」伊藤さんがなんとか説明して、斗「あぁ〜はいはい学生時代の!」新「最初に私言ったのに…。ちゃんと映画見ました?」斗「見てるもなにも、出てるから!(笑)」そんな斗真からわざとらしく距離を置くガッキーと監督(笑)このやりとり絶妙でほんと面白かった(笑)で。結局どのシーンがいいのか?と聞かれると「あ、電話のシーン」というもんだから監督から「パクリだ」伊藤さんから「新垣さんと一緒ですか?」斗「あっはい!(笑)」完全にサダメなノリでした(笑)
監:2人が最初に別れる所(船のシーンかな?)は、何度見てもせつない。
ちなみに伊藤さとりさんは2人が再会して思わず抱き合うところ(ハナミズキの下の抱擁ですねー)がぐっときたと。それもつきあってるときではないような…(笑)でもやっぱりそこはぐっとくるポイントですよねー

  • Q.客席にも遠恋で頑張ってる方が多いので、応援メッセージをお願いします

斗:えっ、まじっすか?(笑)…まじっすか?(ほんとにその質問するの?っていうノリで)
「…ガンバです!!!」(全力笑顔でがっつぽーず)
新:「がんばです」(同じくポーズつきで)

9月9日ということで、Q列9番の方にあたっていました〜おめでとうございます!!

  • お土産のプレゼント。

ガッキーからは、沖縄のお土産で斗・監督「…まさかシーサーじゃないでしょうね」新「どうみてもシーサーです(笑)」2体あったのですがマイクを持ちながらだと1つしか持てなかったので、斗真がじゃあ俺持つよ、という感じで1体持ってあげてました。新「口があいてるのと閉じてるのがあるんですが、どっちがいいですか?」斗「…じゃああいてるの」なんで、あいてるのだったんだろう(笑)更に、新「疲れていると思うので、甘いものを取って疲れた体を癒して下さい」と、取り出したのは、綺麗にカットされて袋にパックになっているサトウキビ。斗真も監督も戸惑いつつも受け取り(笑)更に、プーマのパクリのシーサTシャツを色違いでプレゼント。斗真が白で、監督が黒。伊藤さんが「家で沢山着れますね!」なんて言うもんだから(ちょっとひどいw)、すかさず斗真が「いや、外でがんがん着ますよ!…いや、嘘ですごめんなさい(笑)でも家で沢山きます!」
斗真からのお土産は、なんと見覚えのあるあのベージュで青い蓋の箱が登場。この時、マイクがあると持てなかったので、隣のガッキーに自然にマイク持ってもらったり。中身はなんと実際に映画で使った康平丸!!しかも頑張れ紗枝の旗の裏には「ありがとう結衣ちゃん」と書いたそうな。これにはガッキーも「撮影中、そばにいつもあって思い入れがあったので、嬉しい。飾ります」そして「なんか、ネタに走ってごめんなさい(笑)」とも言ってたかなぁ(笑)これは嬉しいプレゼントでしたね。
監督からは、手紙のプレゼント。宣伝があり、公開され、舞台挨拶をし、ハナミズキもこれで一段落ということで、手紙を書いてきてくれたとのことでした。(ここでBGMが影踏み。ずるい!)
まず斗真に。「ハナミズキからドラマでも一緒で、もう1年くらい一緒に仕事してますね。そろそろこのおっさんの顔も見あきたと思いますが(笑)最初にキャスティングを聞いた時は、生田斗真に北海道の漁師がつとまるのか?と思いました。でも、見事に演じきってくれて。今ではベストなキャスティングだったと思っています。またどこかで一緒に仕事しましょう。とりあえず、言い忘れた駄目だしがあるので来週飲みましょう(笑)」
ガッキーには、「この1年で沢山話が出来たなと思ってます。言葉だけでなく、ファインダー越しにも対話できていたような気がします。紗枝役をしているあなたの輝きは、見る人の心に残っているはず。とりあえず、来週飲みましょう(笑)」というようなことを言っていたかな。監督が、ベストなキャスティングだと言ってくださった事が、何よりですね。本当に。監督の言葉がありがたく、すっごく嬉しかった。

写真撮影では、ハートの枠を2人でもって、ハートの中に入って撮影。これが可愛かった〜!斗真も「プリクラみたい(笑)」と。途中で、2人で枠を持ちながら、2人の手をあわせてハートマーク作ってたのもすっごい可愛かったですねー。きちんと写真見たいな。

これでハナミズキも一段落で、ガッキーとの可愛い2ショットも見おさめかと思うと、少しさびしいですね。また何かの機会に見れたらいいなぁ。



完全なる余談ですが、行ってみたら席が出入り口の近くで、これがまた、すんごい近くで2人を見れて。今回の舞台挨拶は2回とも、2人が間近で見れて失神ものでした。斗真を下からのアングルをあんなに間近で見れるって、なかなかないな…。なんであんなに綺麗なんだろーーーーじたばた。御馳走さまでございました。