読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vamp Bamboo Burn 東京公演終了

斗真 演劇 J

f:id:turquoise999:20160922190451j:image

 

8/17から始まったVBB東京公演が9/18を持って終了致しました。

約1ヶ月の全37公演。長丁場、本当にお疲れさまでした!

 

長らく新感線公演を見させてもらってましたが、千秋楽公演に入るのは初めてでした。(やはり競争率が高い・・)その為初めて煎餅撒きを体験したわけですが、本当に楽しく、素晴らしい思い出となりました。

VBBの曲を演奏するのかな?と思いきや、せっかくならVBBでやってない曲を、ということで、まさかの斗真が17歳の頃に出演した「スサノオ」から「鋼の軍団」が演奏されました。

私は残念ながら幼かったものですからスサノオを生で見てませんので、伝え聞くカゼヨミの可愛さ、斗真が演劇に目覚めたきっかけであるという事くらいの認識でありました。しかし、バックのスクリーンに17歳の頃のカゼヨミの姿(しかもご丁寧に左右の写真が公演中の写真と、パンフレット用の写真で違った)と共に、生田斗真17歳という文字が記載されていて、改めて並々ならぬ劇団☆新感線からの愛情を感じてしまいました。

斗真くんはもう何回言ったかわからないほど、新感線との出会い、どうして芝居の世界でやって行こうと思ったかを語っていますが、その思いは一方通行じゃなくて相思相愛で。新感線も斗真の成長をずっと追いかけてきましたし、パンフレットでいのうえひでのりさんが語っている通り、10年ごしの、機が熟した事による念願の公演だったと言う事がひしひしと伝わる演出でした。17歳の卵だった彼が、一人の立派な座長として今舞台に立っている事が、劇団としてとても誇らしい事なんだという事。奇しくもその2公演が同じ赤坂ACTシアターであった事から、改めてこの公演は生田斗真凱旋公演だったんだ、という事を実感しました。

スサノオ、CRB、VBBを全て観劇されてる方の喜びはひとしおでしょうね。自分も今回その一端を見る事が出来て、本当に幸せな空間だったと今思います。

なにより鋼の軍団を歌う嬉しそうな事と言ったら!さながら自分のステージのように、観客を鼓舞して、一緒にジャンプして、シャウトして。そしてその間には一人一人の目を見て感謝を伝えながらお煎餅を配り。あのカーテンコールは、斗真くんの優しさ、誠実さ、熱さ、情熱、愛情、ステージングと沢山の魅力が詰まった姿だったなぁと思います。

あの日の事を思い出すと本当に胸が熱くなります。

 

思えば、 VBBが始まる前は自分は東京は3公演しかチケットを持っていませんでした。外れてしまったり思わぬ日が当たったりして、8月公演が手持ちになかったのです。しかし幸運にも8月の早めに公演を見ることが出来たのですが、その後VBB禁断症状が日に日に強くなり(公演の内容にかけて”劣化”と称していました)、気が付けば毎週赤坂に通っていました。

これは斗真ファンにとって魅力が詰まったものであったと言う事も勿論ですが、偏にVBBという公演が楽しくて、面白いものであったことが理由だと思います。3時間半という決して短くない時間でしたが、見れば見る程体感時間がとても早くなって行ったのが不思議でした。何回えーもう休憩!?と思った事か…

全てのキャラクターや最初は存じ上げてなかった客演の方などがどんどん愛しくなっていき、VBB公演が大好きになっておりました。(ストーリーについてのアレコレはもうこれだけ見たらなんも気にならなくなりました(笑))

1ヶ月間、本当に幸せな時間でした。毎日公演のレポを楽しんだり、劣化症状に皆さんと苦しんだり(笑)、脳内VBBして日々を乗り切ったり。公演を心待ちに頑張ったり。通える劇場がある事の幸せを噛み締めてました。

色々まだ語りたい事はありますが、富山、大阪とまだまだ公演は続きますし、まだ自分も入る予定があるので、今回はこの辺で。終わったら改めてそれぞれへの愛を書きたいです。

 

f:id:turquoise999:20160922190645j:image

お煎餅。大切にしよう。