読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 Bunkamura20周年記念企画「東京月光魔曲」

シアターコクーン
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:瑛太松雪泰子橋本さとし
大倉孝二犬山イヌコ、大鷹明良、
長谷川朝晴西原亜希、林和義
長田奈麻、赤堀雅秋、市川訓睦、
吉本菜穂子植木夏十、岩井秀人、長谷川寧
/桜乃まゆこ、嶌村緒里江、森 加織、吉沢響子、渡邊夏樹/
伊藤 蘭/山崎 一、ユースケ・サンタマリア

この舞台の瑛太くんはいいっ!夏に見た牡丹燈籠の何十倍もいいっ!!と断言します(笑)
瑛太くんのちょっと危うげな魅力全開。ねーさん呼びだったり、ちょっとずつ壊れていったり、たぶらかしたり、瑛太くんの演技とあってて良かったなー。うん。お得意のどーして?どーして?が聞けたのも良かった。松雪さんとのちょっとただらぬ関係を匂わせる2ショットが素敵でした。
お話としては、豪華感を持たせるためにちょっと登場人物多すぎたかな、という印象でしたが。長かったけど見やすかったです。最後は結局どうなってしまったのか、ちょっと良く分からなかったな、どうなったんだろう、あの人。
大倉さん、山崎さんの安定感はお見事でした。大倉さん、そんなに沢山わらかさないでくれー(笑)ユースケさんがもっとお話しに絡んでくるのかと思ったら、あんまり絡んでこなくて残念だったな〜。