読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 カゴツルベ

@青山劇場
原作/河竹新七「籠釣瓶花街酔醒」
脚本・演出/毛利亘宏
出演:安田章大藤澤恵麻風間俊介舞風りら、岡田浩暉、小松彩夏、岡千絵、松澤一之、鷲尾真知子西岡徳馬

マチネ公演観劇。ソワレで東京公演千秋楽だったみたいですね。お疲れ様でしたー!

ストレートですごい見やすい舞台でした。吉原の話はきらびやかでいいなぁ。安田くんのお芝居って初めて見たんですが、上手いのですねーー。とーっても自然だったのですが、力みすぎてないのがいいような、悪いようなという印象でした。風間くんに比べるとちょっと線が細いというか…。ちょっと若旦那っぽくなかったかな。でも最初の人の良いキャラクターから、徐々に狂っていってしまう様は良かったなーー。最後のセットなしで紙吹雪舞う中での殺陣はとても歌舞伎的で良かったし、上裸姿がかっこよくて魅せてくれました。エイトの事は詳しくわからないけど、きっと器用な子なんだろうなぁ安田くん。ダンスも上手いもんなぁ。風間くんとのダンスはちょっとご褒美もらえた、みたいなそんな感じ(笑)コンビダンス良かったよ!ジャニーズっぽくて!(笑)ご褒美と言えばなんであんなにバナナネタが横行していたんだろう。謎でした(笑)風間くんが受け取ったバナナが落ちちゃって、それをすかさず拾って安田くんが「江戸には3秒ルールというのがあってな…」といってパクっと食べちゃってたのが可愛かった!(笑)あと松澤さんや西岡さんが無責任ヒーローを突如歌い出すというちょっとしたエイトファンへのプレゼントがあって、すっごい客席は沸いてたけど、う〜んあれはちと蛇足だったね(笑)ぶっちゃけ自分はお芝居観てる時はその世界に浸ってたので、現実に引き戻された感でした。まぁ、ファンへのご褒美なんだろうけどね(笑)
お話的には花魁がメインだと思うんです。花魁の、吉原の悲しみというか。それを藤澤恵麻ちゃんができんのか〜?と失礼ながらも思ってたんですが演技、上手くなったね…!あんまり感情が出ない感じがちょうど良かったんだねきっと。威厳はなく可愛い感じだったけども…。風間くんはさすがに中間を支えてました。主人を思う葛藤が良かったね。でも力みすぎじゃー!と思うほど力はいってたなぁ(笑)
あーしかし青山2階席なのにオペラグラスすっかり忘れてた…。もうちょっと表情の演技を見たいなと思うところが多々ありまして…失敗したー。細かいところは多少ありつつも全体的に満足でした!セットが好きだったなー。こんな事言っちゃうと失礼だけど、初座長の舞台だけどすっごい”まとも”でした。侮っとりました。ジャニ力すげぇ。安田くんはこの先舞台系でお仕事するのかねぇ。