読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ムサシ

彩の国さいたま芸術劇場
演出:蜷川幸雄
作:井上ひさし
出演:藤原竜也小栗旬鈴木杏辻萬長吉田鋼太郎白石加代子 他

長い間、見たい公演はいっぱいあったのですが遠いので敬遠していたさいたま芸術劇場に初めて行きました。う〜んやっぱり遠かった…。帰ってきたらスマステに旬くん出てるし。相変わらず働き者だね、お疲れ様!

想像していたよりもかなり砕けたお芝居だったなぁ。お芝居を見る時はあまり前情報を入れていかないで観に行くことが多いので、かなり拍子ぬけしました。そう、井上ひさしさんだと言う事をなぜか失念していたのです。いっぱいいっぱい笑わせていただきました。最近の蜷川×井上作品の中では一番好きだったかもしれないです。演出もあまりくどくなくて好きでした。
思い返してみると藤原くんかっこいい〜旬くんかっこいい〜っていうより、ベテラン勢の方々に圧倒されっぱなしでした(笑)いや〜若者勢とベテラン勢を比較するのは間違ってるんだけど、吉田鋼太郎さんと白石加代子さんの芸達者っぷりがすごすぎてなぁ(笑)
もっとはっきりと武蔵と小次郎の対決を描くのかと思っていたので、熱と熱のぶつかり合いではあったけど、想像していたよりも控え目だったかなぁという印象。むしろ仲が良くて微笑ましかった(笑)藤原くんの武蔵はどこか上品だったなぁ。旬くんの小次郎はちょっとアホっぽかった(笑)でも坐禅姿や立ち姿がしゅっとしてて綺麗だったなぁ。よく考えたら、藤原くんはロープ以来、旬くんは偶然の音楽以来という…。意外と全然お二人の芝居観てないなー。もうちょっとチケ取りに精を出さないとなぁ。
お話の構成としては、武蔵の話でそのテーマ性は違和感がありすぎるのではないか、と思いましたが。復讐の鎖は断ち切れるというフレーズが印象的でした。少し前に見た友人はこのメンツだったらギリシャ悲劇が見たかったと言っていて、うーむ確かになぁと思わないでもなかったですが、単純に面白い舞台でした。

そういえばお花の名前掲示にとーまのお名前が!贈ったのだね〜。そしてその横にはNIKEが…。NIKEさん、旬くんにも送ってるんですね(笑)相変わらずとーまはNIKEでスニーカー作ってるし。良いお客さんだわ(笑)ここはひとつCMキャラクターにどうですかNIKEさん(笑)そういえば、前に何かで藤原くん旬くんとーまで遊んでるのに遭遇したってのを見て、驚いたなー。とーまの交友関係って旬くん通してさらに広がってるよーな。(笑)