読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 魔女裁判

斗真 ドラマ

 一般市民が裁判員として審理に参加する新司法制度導入を5月に控え、進境著しいイケメン俳優が裁判員を演じる。

 生田はジャニーズ事務所に入って10年以上になるが、07年のフジ系「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」で一気にブレーク。昨夏のTBS系「魔王」では、嵐の大野智(28)とダブル主演を果たした。

 現在はフジ系月9「ヴォイス〜命なき者の声〜」にレギュラー出演中。この勢いに乗って単独での連ドラ初主演となるが、「素直に驚いたと同時に、責任感と色々な気持ちが入り乱れてきた感じ」と冷静に話す。

 役どころは、社会事象には関心が薄いフリーターという、どこにでもいそうな普通の若者。たまたま裁判員に選ばれるという設定だ。

 役作りも兼ねて裁判の傍聴もした。「厳格な場だと改めて感じたし、5月からは他人事ではなくなると思うと複雑な気がした」と生田。「(ドラマの)社会的反応も大きいのでは。すごく身の引き締まる思い」と、責任感を胸に撮影に臨む。

 巨額遺産をめぐる殺人罪で起訴された「魔女」と呼ばれる女性被告の裁判に携わる。だが、有罪・無罪を判断する裁判員たちを買収しようとするナゾの集団が暗躍。若者の周囲で不可解な事件が起き始める−というサスペンス。制度が始まれば実際に起こり得る問題を“先取り”したドラマともいえそう。

 同局の関卓也プロデューサーは「裁判員制度が暮らしの一部になったとき、生活や考え方はどう変わるのか。ドラマを通して楽しみ、考えてほしい」と訴えた。5月21日に制度が施行され、夏には実際に裁判員が参加する法廷が開かれる。まさに「他人事」とは呼べないドラマの誕生だ!!

加藤あいは主婦役

 同様に裁判員に選ばれる主婦で、ナゾの脅迫を受け幸せな家庭生活が危険にさらされる女性役に加藤あい(26)。主婦役は初挑戦だ。生田の恋人で新聞記者の女性には、NHK大河「天地人」に出演中の比嘉愛未(22)を抜てき。また、「魔女」と呼ばれる事件の被告役に石田ゆり子(39)。清楚な印象が強い石田が、どう謎めいた“魔女”役に挑むのかにも注目だ。
引用:http://www.sanspo.com/geino/news/090311/gng0903110505000-n1.htm

うわーーーおめでとーーーーーーーーー!!
ヴォイスに続いてまさかの連投。初の単独主演決定。ということで、
いろいろとヲタなりの不安な気持ちも抱かずにはいられないんですが、
それよりもほんっとに単純に嬉しい!!!し、めでたいことすぎて泣けて泣けてしょうがない。本当に本当におめでとう、斗真。
しかしメインどころの共演が同世代の男子がいなくて女性ばかりってのも斗真にしては珍しーですねー。しかも美人さんばっかり!!サスペンス面白そう…期待せずにはいられんです。トマゴトが長期休みの時は何か言えない事が控えているジンクス、当たるなぁ。(笑)
四月からは中居さんと斗真の主演ドラマ!まさしく盆と正月がいっぺんに来たような祭りっぷり(自分が)。4月から忙しくなると言うのに…ついて行けるのか不安です。(笑)目下の注目どころは春祭に出るのかどうかです・・・!33分探偵さんにも出てほしい所なんだ。
あーしかし初回日泊まりで家にいないのが…くやしいい!リアルタイムでドキハラで見たかった!!

あ、公式出来てる!!(公式
魔王みたいーー(笑)これはOPとかポスターとか期待したくなっちゃう作りだ!!主演!どばーーん!ってのが改めて素晴らしーねー;;
主演が何が何でもいいってわけでもないし、とーまさんには、フットワーク軽く脇役いっぱいやってほしかったりもするんですけど、主演できるってのはやっぱありがたいよな。何にしてもめでたい!ふわっふわしとります。