読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 陰日向に咲く

映画

感動できそうで…できない。泣く手前まで行くのに…泣けない。
どうにも残念な映画でした…。ちょっとさらっと描きすぎかも?温度が伝わってこなかった。現代的と言えば現代的なのかもしれないなぁ。原作を読んでないのでなんとも言えないけど、映画ではアイドルの話だけ浮いていてまったく他のストーリーと関係ないのだけど、関係ないからこそなんとなく劇団ひとり(映画スタッフ?)のこだわりを感じました。原作だと違うのかもしれないけどね。あのアイドルオタクの気持ちわかるなぁ。アイドルはアイドルなんだよ。なんかね、別に彼女になりたいとか彼氏になりたいとか実際に知り合いになりたいとかね、違うんだよねーうんうん。でもやっぱあのエピソードは映画の筋としてはいらんかったね。平山あやの売れないアイドル(普通に可愛い)と、塚本くんのオタク(普通にかっこいい)は良かったけど。
宮崎あおいはとにかく可愛らしい。あんな可愛くて方言喋られたらイチコロやな。ライタおかしいわ。
岡田君はマザコンな感じがあってたかなぁと。いや、岡田君がマザコンかどうかはよく知らないけどねwでも個人的にこの映画の見所はモーゼ西田さんでもなく芸人伊藤くんでもなく、三浦さんなのでした。友和さん好きだ〜
予告は軽くジャニ祭りでした。徳市・三悪人・クロサギ三悪人はなかなか面白そう。というか松本さん誰だか全然わからんかったわ。でもちょっと長澤まさみじゃない方がいいなと予告ですら思ってしまった。う〜む。
クロサギはドラマ見てないけど、なんか予告が大仰すぎて若干失笑…。う〜む。でも山Pて昔に比べるとセリフも演技もちょっとずつ進歩してんね。まだまだな感じするけど。…て偉そうでごめんなさい。