読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 東京事変”dynamite!”ファイナル@渋谷公会堂

かなり近くで林檎様及び東京事変を堪能しました。
ロックなバンドでございますが、なんだかバーで上質なショーを見たというような気分にもなっちゃいました。
最終日という事でみんなテンションも高く、サービス満点。
でも私は近かったと言っても最前ではなかったので、握手とかはできなかった・・・。
いいなぁ。私も握手とかピック貰いたかった。
セットリストはまぁ私のうろ覚えセットリストよりも
ずっと確かなセットリストは探せばどこにでもあると思うので(笑)
個人的に好きだったなーというものの独断感想。

新曲が3曲ほどありましたが、師匠作曲の二曲(スーパースターと透明人間)が凄くポップで好きでした。
まぁぶっちゃけどこかで聴いた事あるような感じもしましたが、
東京事変には色んな路線があっていいと思うので(折角バンドだしね)
林檎さんが今作らないようなポップな曲を聴けると言うのはかなり嬉しい感じ。
特に透明人間はかなり好きかもー!

流れ的に好きだったのが月に負け犬(この曲大好き)の次に始まった
同じ夜〜現実に於て〜現実を嗤う。
この流れ、もの凄く自然(メンバー入れ替わり含め)でイイ!と思った。
同じ夜ってあんまり好きな曲じゃないんだけど、やっぱライブで聴くといいなぁ。
あと最後のΣ〜クロール〜丸の内〜淑女〜御祭騒ぎ〜サービス〜群青日和
バイです。この流れ楽しすぎた。てか好きな曲立て続け。
で、一番感動したのはやっぱりアンコールの心〜夢のあと〜茎(STEM)。
心がこの位置ってのがね。なんかやっぱり嬉しかった。
最終日のみの曲が茎(STEM)っていうのもなんか良かった。
個人的には日本語詩の方が好きだったりするんだけど、この曲は復活した時の曲っていうイメージが強くて。
昔の曲何曲か歌ってましたが、やっぱここキスって可愛い曲だよなー。
この曲が好きっていう一般の人が多いのもわかるわ。

MCは少なめでしたが、メンバー全員喋るようになってるんですね。
今日の開演前アナウンスは師匠。
シルブプレやらラップやらなんやら言ってました。
余談ですがこのシルブプレは札幌の飲み屋の店員がたいして発音も良くないのにつけてたらしいです(笑)
客にパクリ?とか突っ込まれてました。
ヒラマミッキーのシャンプーはLax。(ウケた)脱いで!と言われて脱いだりして、
期待以上にテンション高い人でした。ミキティ!!
ハタさんは渋公豆知識を披露して、(7月から改修されるらしい。ビックリ)
それにちなんで重量あげやってました。ご丁寧に失敗。
この重量挙げ、のちに師匠にホメられて「上手かったなぁ、もう一度やらせようよ」とか言われてました(笑)
ヒーズミさんは今日は最終日ということで!金のラメラメ靴下でした。
最初の方で、気象情報なんて言うから、レスポンスがいいともみたいになっちゃって(笑)
どうするのかな?と思ったらやりっぱなしで次に行っちゃいました(笑)
タモさんの三本締め?みたいなのをやったのは林檎さん。
一回目失敗して、「ダメですね」みたいな事を言ったら、客のもう一回!に答えてもう一回。今度は成功。
でも「今度はちゃんと(やる時の動き)用意しておかないとダメですね」と自分で反省してました(笑)
あとは東京事変には午年と辰年しかいない、と言う話で、午年で同い年の人!と林檎さんが客に訊くと、
何人か手を挙げてて、その人たちに向かって「バンド組も!」と言ってました(笑)
渋公が改修工事に入るということで、「このままでいいのにね」と言う林檎さん。
林檎さんが最初に渋公に立ったのは15歳の時。その時にaikoと出会ったとか。
この古めかしさが良いと言ってましたが、控え室が客席(二階席左側)に近すぎてちょっと・・・と。
なんでも今日の開演前に師匠のアナウンスに対する客の反応がもの凄く聞こえて、
自分が発声(というか歌)練習していたの絶対聞こえてたはず!と言うと、
そこらへんのお客さんから「聞こえたよー!」との反応「やっぱり!!!恥ずかしいー!!」と
恥ずかしがってました。可愛い!!
・・・大体こんな感じだったかな。流れはぐちゃぐちゃです。

東京事変はCD聴いてて思ったけど、
とにかく音の洪水に飲まれそうになるんですよ。時々。
スペシャリスト達がこれでもか!とばかりに自分達の音を奏でるので、
いい意味でまとまってない、カッコいいバンドだと思います。
これからも好きな音楽をめちゃめちゃにやって欲しいと思います。

東京事変万歳!!